奥義、アビリティダメージについて最近思うこと

2018年9月5日役に立ちそうな話

今回は、奥義やアビリティダメージについてのお話です。 通常攻撃の火力に多大な影響を及ぼした背水系マグナ武器ゾーイコルワ等の登場、また通常攻撃後のインターバルがリロードの時間と良い具合に合ってしまうことから、追加効果のないアビリティダメージや奥義はただDPSを落とすだけのものになってしまっていました。しかし最近の高防御力ボス(天使やアルバハ、特別枠として黒麒麟黄龍など)に対して、これらの編成で火力上限を継続して出すことが困難になってきたことで、これまで容易に上限を越してしまって無意味になっていた奥義やアビリティダメージが尊重されてきているのではないかという話です。実際のところ、かなり体感的な話ではありますが、アビリティダメージ系キャラの例として、
  • メリッサベル
  • ロミオ
  • バザラガ
  • ルシオ(これは普通に採用されておりますが)
  • キャタピラ
などの高威力アビリティを持ったキャラは相手の状況に関係なくダメージを出せることから、MVPを狙う方法としてかなり有効になってきた気がします。奥義系キャラも同様にこれまでと同じダメージを出しやすい分有効な手段になってきていると感じます。相対的な強化になるわけなんですけどね。 これまで優秀な火力キャラとして挙げられてきたキャラ以外にもアップデートにより大幅な上方修正をされたキャラはたくさんいます。時間があれば是非編成の見直しをされてみてはいかがでしょうか? ということでお話は以上になります。ほいじゃまた~